ニューヨーク/MIA
午前09時23分
ロンドン
02時23分
SG/HK
09時23分
コンタクト

タグマネジメントシステム(TMS)とは何ですか?

タグマネジメントシステム(TMS)は、広告主や最高マーケティング責任者(CMO)が、ウェブサイトやデジタルプラットフォームで使用するさまざまなタグやトラッキングコードを管理・整理するために使用するツールです。 タグマネジメントシステムは、ウェブサイトやアプリへのタグの管理およびデプロイプロセスを簡素化します。タグ管理システムは、ユーザーの行動を追跡し、デジタルマーケティングのパフォーマンスを分析する上で、より大きなコントロール、柔軟性、透明性を提供します。簡単に言うと、タグとは、ユーザーの行動を追跡し、分析や広告の目的でデータを提供するためにウェブページに挿入されるコードの一部です。

デジタルマーケティングの台頭により、広告主が使用するタグの数は著しく増加しています。それぞれのタグは異なるベンダーから提供され、各ベンダーはユーザーデータを追跡する異なる方法を持っているかもしれません。そのため、複雑で分断されたエコシステムが構築され、管理や最適化が難しくなっています。

タグ管理システムの仕組み

タグマネジメントシステム(TMS)は、ウェブサイトやアプリ上でユーザーの行動を追跡するタグやピクセルを管理するために使用されます。その仕組みは以下の通りです:

  1. TMSコードの実装:最初のステップは、ウェブサイトやアプリにTMSコードを実装することです。これは通常、ウェブサイトやアプリのヘッダーやフッターにコードスニペットを追加することで行います。
  2. タグの作成と管理:TMSコードを設置したら、TMSインターフェイスを使ってタグを作成・管理できます。タグは、ウェブサイトやアプリでのユーザーの行動を追跡するコードの一部です。クリック、フォーム送信、動画再生、その他のユーザーインタラクションを追跡するために使用できます。
  3. タグの発行と展開:タグを作成してテストした後、TMSインターフェイスを使用してウェブサイトやアプリにタグを公開およびデプロイできます。これにより、タグがライブでユーザーの行動をリアルタイムで追跡できるようになります。
  4. タグ発火ルールの管理:タグマネジメントシステムでは、タグをいつ発火させるかのルールを設定することができます。これにより、不要なタグの発火を防ぎ、ウェブサイトやアプリのパフォーマンスを向上させることができます。例えば、特定のページが読み込まれたときや、ユーザーが特定のアクションを起こしたときにのみタグを発火させるルールを設定できます。
  5. タグのパフォーマンスの監視と分析:最後に、TMSはタグのパフォーマンスを監視・分析することができます。タグが何回発火したのか、どこで発火したのか、どのようなデータを収集しているのかを追跡することができます。これにより、タグを最適化し、デジタルマーケティング全体のパフォーマンスを向上させることができます。

TMSはウェブサイト上のすべてのタグのコンテナとして機能するため、広告主やCMOは手作業でコーディングすることなく、タグの追加、削除、修正を簡単に行うことができます。

タグ管理システムの例

  1. グーグルタグマネージャーGoogle Tag Managerは、ウェブサイトの所有者がタグを追加・管理したり、フォームの送信、ボタンのクリック、ページビューなどのイベントを追跡できる無料のタグ管理システムです。Google Analyticsやその他のGoogleマーケティングツールと統合されているため、これらのツールを使用している企業にとって人気のある選択肢となっています。
  2. Tealium:Tealiumは包括的なタグ管理システムで、Webサイト、モバイルアプリ、広告など複数のチャネルでタグとデータを展開、管理、最適化できます。 接続機器.データガバナンス、プライバシー管理、リアルタイムデータ処理など、幅広い機能を提供します。
  3. Adobe Experience Platform Launch:Adobe Experience Platform Launchは、Webサイトやモバイルアプリにアドビタグやサードパーティタグを導入・管理できるタグ管理システムです。Adobe Analyticsやその他のアドビマーケティングツールと統合し、マーケティングタグとデータを管理するための包括的なソリューションを提供します。
  4. セグメントSegmentは、ウェブサイト、モバイルアプリ、コネクテッドデバイスなど、複数のソースから顧客データを収集、クリーニング、管理できる顧客データプラットフォームです。また、ITリソースを必要とせずにマーケティングタグを展開・管理できるタグマネジメントシステムも提供しています。
  5. EnsightenEnsightenは、ウェブサイト、モバイルアプリ、コネクテッドデバイスなど、複数のチャネルでタグを管理・展開できるタグ管理システムです。リアルタイムのタグ監視、データプライバシー管理、タグのテストと検証など、さまざまな機能を提供します。

広告主とCMOが知っておくべきTMSのメリット

  • タグ管理の簡素化と時間の節約
  • ウェブページに読み込む必要のあるコードの量を減らすことで、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させます。
  • ページエラーやクラッシュのリスクを低減します。
  • データの正確性と一貫性の向上
  • 意思決定とデジタルキャンペーンの最適化の改善
  • データプライバシーとコンプライアンスの改善 GDPRやCCPAなどの新しいデータプライバシー規制により、広告主はコンプライアンスに準拠した方法でデータを収集していることを確認することがますます重要になっています。TMSは、すべてのタグが関連規制に準拠しており、ユーザーデータが安全かつ透明性の高い方法で収集・保存されていることを確認するのに役立ちます。

結論として、タグ管理システム(TMS)は、デジタルマーケティングの管理と最適化を目指す広告主や最高マーケティング責任者(CMO)にとって重要なツールです。すべてのタグとトラッキングコードを一元管理することで、TMSはタグ管理のプロセスを簡素化し、Webサイトのパフォーマンスを向上させ、データの正確性とコンプライアンスを確保するのに役立ちます。デジタルマーケティングが複雑化し続ける中、広告主が競争力を維持し、マーケティング目標を達成するためには、TMSのようなツールを活用することがますます重要になるでしょう。