ニューヨーク/MIA
05時36分
ロンドン
午前10時36分
SG/HK
06時36分
コンタクト
よくあるご質問

ファースト・パーティ・データとは何ですか?

ファーストパーティデータとは、企業が自社の顧客や利用者から直接収集するデータのことです。このデータには、購入履歴、ウェブサイトでのやりとり、Eメールでのやりとり、人口統計情報などが含まれます。

なぜファーストパーティデータが広告主やCMOにとって重要なのでしょうか?

ファーストパーティデータは、広告主やマーケティング担当者にとって最も価値のあるデータであると考えられています:

1.1:1 ->

ファーストパーティデータは、顧客や視聴者といったソースから直接得られます。

2.ピーク精度

This allows for maximum accuracy in targeting

3.パーソナライゼーション

最後に、1:1のデータ共有は、マーケティング担当者とそのオーディエンスの間で、よりパーソナライズされたメッセージングを可能にします。

ファーストパーティデータを使用するメリットは何ですか?

  • 顧客との直接的な関係構築 ファーストパーティデータの主な利点の1つは、企業が顧客と直接的な関係を構築できることです。顧客の行動や嗜好に関するデータを収集することで、企業はよりパーソナライズされた体験やコミュニケーションを生み出すことができます。これにより、顧客ロイヤルティとリテンションが向上し、全体的な業績も改善されます。
  • 広告効果の向上 ファーストパーティデータは、より効果的なターゲティングを可能にするため、広告やマーケティングキャンペーンにとっても重要です。顧客の行動や嗜好に関するデータを活用することで、企業はより正確なオーディエンスセグメントを作成し、それに応じてメッセージングを調整することができます。これは、より効果的なキャンペーン、より高いエンゲージメント率、そして最終的にはROIの向上につながります。
  • 他のタイプのデータよりも信頼性が高く、正確です: ファーストパーティデータのもう一つの利点は、他のタイプのデータよりも一般的に信頼性が高く正確であることです。ソースから直接取得するため、サードパーティのデータソースを使用した場合に発生する可能性のあるエラーやバイアスが発生しにくくなります。これにより、企業は効果のないキャンペーンや誤ったターゲットにリソースを浪費することを避けることができます。

ファーストパーティデータを得るには(または量を増やすには)?

ファーストパーティデータの量を増やすことは、顧客行動や嗜好に関する洞察を得たり、マーケティングや広告の取り組みを改善したり、最終的にビジネスの成長を促進したりするのに役立つため、企業にとって価値があります。

ファーストパーティデータの量を増やす方法をいくつかご紹介します:

  1. インセンティブを提供します: 個人情報を提供した顧客には、割引、無料トライアル、限定コンテンツなどのインセンティブを提供します。
  2. リード獲得フォームの実装 ウェブサイトやソーシャルメディア・チャンネルのリード・キャプチャー・フォームを使って、メールアドレス、名前、興味などの顧客情報を収集しましょう。
  3. Use クッキー: Cookieを使用して、Webサイト上での顧客の行動を追跡し、顧客の嗜好や関心に関する洞察を得ることができます。
  4. 調査の実施 顧客アンケートを実施し、顧客の嗜好、ニーズ、ペインポイントに関するインサイトを収集します。
  5. イベントの開催 ウェビナー、ワークショップ、製品デモなどのイベントを開催し、顧客と関わり、情報を収集します。
  6. ロイヤルティプログラムの利用 ロイヤリティ・プログラムを導入し、顧客のエンゲージメントに報いることで、より多くの情報を共有するインセンティブを与えます。
  7. インタラクションをパーソナライズします: パーソナライズされたEメール、おすすめ商品、メッセージングなどのパーソナライゼーション戦術を駆使して、顧客にブランドへの関心を促し、より多くの情報を提供してもらいましょう。

データと個人ポリシー

データ収集とプライバシーポリシーは、あらゆる組織のデータガバナンスフレームワークに不可欠な要素です。プライバシーポリシーは、企業が個人から収集した個人情報をどのように収集し、使用し、保護するかを概説するものです。ここでは、データ収集およびプライバシーポリシーを策定する際に留意すべき事項を説明します:

  1. 透明であること: プライバシー・ポリシーは、明確かつ簡潔で理解しやすいものでなければなりません。どのような情報が収集され、どのように使用され、誰と共有されるのかについて、個人に知らせる必要があります。
  2. データ収集の最小化 業務に必要なデータのみを収集します。データ収集を最小限に抑えることで、データ漏洩のリスクを低減し、個人のプライバシーを保護します。
  3. 同意の取得 データが収集される前に、個人に情報を提供し、同意を得る必要があります。同意は、チェックボックスや明確な声明など、オプトインの仕組みを通じて得ることができます。
  4. データの保護 個人情報は安全に保管し、不正アクセス、不正使用、不正開示から保護します。データを保護するために、適切な技術的および組織的措置を講じる必要があります。
  5. アクセスの提供 個人は、自己の個人情報にアクセスし、訂正または削除を要求する権利を有します。個人情報保護方針は、個人が自己のデータにアクセスし、管理するための手順を概説するものでなければなりません。
  6. 規制の遵守 組織は、一般データ保護規則(GDPR)やカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)など、関連するデータ保護法や規制を遵守しなければなりません。
  7. 監視と更新 データ収集とプライバシーの方針は定期的に見直し、最新のものであり、ベストプラクティスと法的要件を反映し続けていることを確認する必要があります。

全体として、明確で透明性のあるデータ収集とプライバシーポリシーは、顧客との信頼関係を築き、プライバシーを保護するために不可欠です。

結論 First-party data is an essential tool for advertisers and marketers in today’s digital landscape. By collecting and utilizing this data effectively, companies can build stronger relationships with their customers, create more effective campaigns, and ultimately drive better business results.

推薦図書

クライテリオン・グローバル ファースト・パーティ・データ」と「セカンド・パーティ・データ」と「サード・パーティ・データ」とは?