ニューヨーク/MIA
午前09時17分
ロンドン
02時17分
SG/HK
10:17 pm
コンタクト
よくあるご質問

ヘッダー入札とは?さまざまなプログラマティック広告のアプローチをご覧ください:ヘッダー入札 vs ウォーターフォール vs サーバーサイドヘッダー入札 vs オープン入札 vs ビデオヘッダー入札 vs アマゾンヘッダー入札

ヘッダー入札、ウォーターフォール、サーバーサイドヘッダー入札、オープン入札、ビデオヘッダー入札、Amazonヘッダー入札はすべて、プログラマティック広告の異なるアプローチです。これらはすべて、広告在庫の販売プロセスを最適化し、パブリッシャーの収益を増やすと同時に、広告主により良いターゲティングと価格設定を提供することを目的としています。この記事では、これらのアプローチの違いと、広告主やマーケティング責任者にとって重要な理由を探ります。

ヘッダー入札

Header bidding is a プログラマティック広告 technique that allows publishers to offer their ad inventory to multiple ad exchanges simultaneously before making calls to their ad servers. This process helps to increase competition for the inventory, resulting in better pricing and more revenue for publishers. It also helps advertisers to bid on the inventory in real-time, ensuring that they get access to the most valuable 感想.

Header bidding is known for its ability to deliver better results than traditional programmatic advertising approaches, such as the waterfall model. In the waterfall model, ad inventory is offered to one ad exchange at a time until it is sold, with each exchange taking a cut of the revenue. This process can result in lower revenue for publishers and less effective targeting for advertisers.

ウォーターフォールモデルは、プログラマティック広告の伝統的なアプローチで、広告在庫が売れるまで一度に1つの広告取引所に広告在庫を提供するものです。このモデルは、最初に最も支払い額の高い広告取引所に在庫を提供し、次に在庫が売れるまで連鎖的に在庫を下げていくことで機能します。このアプローチには、パブリッシャーにとっては収益が低くなり、広告主にとっては効果的なターゲティングができなくなるなど、いくつかの限界があります。

サーバーサイドのヘッダー入札

サーバーサイドヘッダー入札は、入札プロセスをユーザーのブラウザからサーバーに移すヘッダー入札の一種です。このアプローチは、遅延を減らし、ページのロード時間を改善し、より良いユーザーエクスペリエンスをもたらします。サーバーサイドヘッダー入札は、パブリッシャーの競争と収益を増加させる能力でも知られています。

一般入札

Open bidding, also known as exchange bidding, is a programmatic advertising approach that allows publishers to offer their ad inventory to multiple ad exchanges simultaneously. This approach helps to increase competition for the inventory, resulting in better pricing and more revenue for publishers. Open bidding is similar to header bidding, but it is managed by Google and is part of the Google Ad Manager platform.

ビデオヘッダー入札

動画ヘッダー入札は、動画広告のために特別に設計されたヘッダー入札のバリエーションです。このアプローチは、パブリッシャーの競争と収益を高めると同時に、広告主により良いターゲティングと価格設定を提供します。動画ヘッダー入札は、インターネット上で動画広告が普及するにつれ、ますます人気が高まっています。

アマゾンヘッダー入札

Amazonヘッダー入札は、パブリッシャーがAmazonの広告プラットフォームであるAmazon Advertisingに広告在庫を提供することを可能にするプログラマティック広告アプローチです。このアプローチは、パブリッシャーの競争と収益を高めると同時に、広告主により良いターゲティングと価格設定を提供します。Amazonヘッダー入札は、Amazonが広告ビジネスを拡大し続けるにつれて、ますます人気が高まっています。

In conclusion, header bidding, waterfall, server-side header bidding, open bidding, video header bidding, and Amazon header bidding are all important programmatic advertising approaches that aim to optimize the process of selling ad inventory and increase revenue for publishers. They all provide better targeting and pricing for advertisers while also ensuring that publishers get the best possible price for their ad inventory. Understanding the differences between these approaches is crucial for advertisers and chief marketing officers who want to get the best possible results from their programmatic advertising campaigns.